スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大磯支部始まりました。

はじめまして。
工藤未葉(くどうみよう)と申します。

5歳の息子と、
熱血漢で心の温かい夫と3人で
大磯に暮らしています。


このたび、
葉山にお住まいで、作家としてご活躍されている
廣瀬裕子さんとの出会いがきっかけとなり、


「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会」大磯支部を
始めることにしました。



長期戦であることを覚悟しなくてはならない
放射能との関わりの中で、

大磯支部では下記の2点を大事にしながら、

地域の皆さんと手を繋いで、笑い合いながら、
子供を放射能から守り、育み、進んでいきたいと思っています。


●楽しく、無理なく、真剣に、長期間活動する
●ポジティブな情報を共有する


行政への働きかけ、民間レベルでの放射線量計量、
有用なイベント情報や、生活情報の発信などを考えています。


このブログを中心に、多くの方に助けて頂きながら、
進んでいけたら、と思っています。

なにぶん放射能に関しても、効果的なアクションに関しても
まだまだ知識も人脈も足りず非力ですので、


「助けてやろうか」と思って下さる方、


工藤未葉
since2011oiso@gmail.com


までご一報くださいますよう、宜しくお願いいたします。










2011年3月11日の地震、

そしてそれに伴う、福島第一原発事故を経験し、
ことの深刻さを感知している皆様におかれては、

放射線への感受性が大人の何倍もある子供達を、今まで以上に守り、
育み、慈しんでいく必要性を、切に感じていらっしゃることと思います。


ですが、それと共に、
親である私たちにとっても初めての体験なので、
なにをどのようにしていいか分からず、

政府や行政、教育機関には失望し、
既存のマスメディアも到底信用できず、

今までのような対応では守れないのかもしれないと感じ、
手探りしながら進んでいる状態の方も多いのではないかと思います。


かくいう私もそうで、
教育機関も行政も政府もメディアも
ここまで信頼できないものなのか、と失望感を持ちつつ、

ゴールデンウィーク明けまで息子を北海道に避難させたり、
マスクをさせたり、
ペットボトルの水で生活したり、

武田邦彦先生のブログや、岩上安身さんのUst.
小出裕章先生の言葉をまとめて発信していらっしゃる非公式ブログ
ドイツ気象庁の風向き予報、などから情報を得、励まされ、
なんとかやってきている感じです。


「過度だとか神経質だとか言われているお母さん、がんばれ。」

なんていう言葉を武田先生が書かれていると、
もう、ウルっときちゃいますよね。。。。

かなりの孤軍奮闘ぶりですもの、今のところ。。。



とはいえ、失望だけではない、それ以上の希望も
感じています。



5月も末の今現在、少しずつ少しずつ
社会やメディアも変化の兆しを見せ始めました。


また、この重大な局面において、
信頼できる情報を発信して下さっている方の存在も、
みえてきました。


そしてなによりも、地域の、思いを同じくする方々との繋がりは、
なににも替えがたい、素晴らしいエネルギーなのだと再認識しています。


この大きなできごとを、煌めくきっかけとして、
地域を同じくする多くの方と、ポジティブに進んでいきたい、と
思っています。


宜しくお願いいたします。



初夏の朝

大磯にて



工藤未葉


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://since2011oiso.blog89.fc2.com/tb.php/1-8bd0da08

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

since2011oiso

Author:since2011oiso
工藤未葉(大磯でデザインの仕事をしています。)
more

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。