スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会ルポ5:子供達にしてあげたい!取り込んだ放射線を軽減させる対処法

5月30日の議会傍聴参加者の方の中に、
島崎藤村邸近くの美しき古民家で
ギャラリー、お食事スペースを営まれている
桃の家さんもいらっしゃいました。


桃の家さんは、長年、整体の勉強会を主宰されていて、

議会傍聴前も、放射能に対する対処法を幾つか教えてくださいました。

甲状腺を刺激する対処法と盲腸を刺激する対処法、ふたつがあります。

どちらも非常にシンプルで、
私はその日から早速息子に手当をしています。


体に関すること、排毒に関することなので、
専門ではない私がブログで説明差し上げることは控えます。


ご興味がある方は、
桃の家さんの勉強会に参加されると良いかも知れません。


盲腸部が放射能の影響を柔らげる処とされているということは
知人から聞いていましたが、

具体的な対処法を教えて頂いたのは初めてだったので、
大変嬉しかったです。


小さなお子さんをお持ちのお母さんには、大きな一助となる気がします。


勉強会の日程等は
ブログに載せて下さっています。





また、今回このブログで対処法に関して情報をアップしたい旨をお伝えしたところ、
下記のようにアドバイスも下さいました。


それを参考になさった上で、
ご興味ある方は桃の家さんにお問い合わせください。

メール :momonoyaoiso@yahoo.co.jp
Tel&Fax:0463(61)7759

=================================


基本的に落ち着いた深い息で生活するということが大事で、
そのことがあって初めて操法が威力を発揮します。

まずは身体を緩ませ、深い呼吸をすること。

特に今年は春になって身体が緩みかけているところに地震が来て、
緩みきれずに縮み、また原発事故のこともあって胸が閉じて
呼吸が浅くなってしまっている人が多いそうです。

つまり緊張して萎縮してしまっているということですね。

そういう状態だと、本来の解毒や免疫といった力が働きづらいわけです。

緊張で身体が緩みにくく、呼吸も浅くなりやすい、
そしてその状態だと身体本来の解毒や免疫の力も発揮されにくい
というところを前提として、紹介してくださるといいと思います。


=================================


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://since2011oiso.blog89.fc2.com/tb.php/12-f70e25e3

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

since2011oiso

Author:since2011oiso
工藤未葉(大磯でデザインの仕事をしています。)
more

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。