スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会ルポ2:現在の大磯町、放射能測定の現状

廣瀬裕子さんから

「たぶん消防署がガイガーカウンターを持っていると思うから、
 きちんと計測しているか、そしてどのように計測しているか、
 それを公表しているかを聞いてみたら良いと思う」

とアドバイスを頂いていましたが、確かにその通りで、
消防署でガイガーカウンター所持していらっしゃいました。


今日の議会では、消防署の方が2名いらしていて、
議会で、また議会後も、測定に関して丁寧にご説明くださいました。



●消防署が持っているガイガーカウンター(2011年5月30日現在)


1:平成6年に購入したサーベイメータ1台
  
  ガンマ線、ベータ線が測定可能
  物の線量を計るのに適している

2:黄色い小型の簡易式ガイガーカウンター1台
 
  ガンマ線、ベータ線の測定可能
  空間線量を計るのに適している
  22年度の国の事業の一環として、震災前に配られたもの。

3:個人の線量を計るガイガーカウンター

  5台持っている
  こちらも国から配られた
  医療機関等でも使われている、個人がどのくらい被爆したかを計る機材



これらを用いて、5月25日に9カ所の学校施設で簡易測定をされたそうで、
以下がそのデータです。

議会時配られた資料のデータを載せておきます。



●町消防署による測定
グラウンド中央、地上1m(幼稚園、保育園は0.6m)

大磯中学校0.09μSV/h
国府中学校0.08μSV/h
大磯小学校0.05μSV/h
国府小学校0.06μSV/h
大磯幼稚園0.06μSV/h
小磯幼稚園0.05μSV/h
国府幼稚園0.06μSV/h
たかとり幼稚園0.09μSV/h
国府保育園0.06μSV/h


これについては、計測地点をグラウンド中央ではなく、
ふきだまりや泥土など、子供が遊びたがりそうな、
且つ線量の高そうな場所も計測してほしい旨を
陳情者の方が伝えて下さり、
役場の方も、そのように対処する、と返答されていました。 


この計測は、陳情書が提出された翌日に実施されたということで、
迅速な対応をしてくださったわけです。


もちろん、原発事故発生から2ヶ月以上経ってからの計測な訳で、
遅い、、、といえば遅い訳ですが、
ただ、誠実な対応をしたくださっている印象が強く、
傍聴者の皆さんと、大いなる希望を持てた1日でした。

大磯町役場HPでも
データが公開されています


週1のペースで測定されるとのこと、
測定場所も要望に応えていきます、とのことです。

ルポ、まだまだ続きます!


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://since2011oiso.blog89.fc2.com/tb.php/5-05859177

Comment

NANTEI | URL | 2011.05.31 15:34 | Edit
行動してますね!
今日の記事ですが、
先日紹介した「彼岸花」さんから、
同じような歴史認識のコメントがありました。
彼女は60歳を超えた普通の主婦ですが、3月11日の原発事故後、膨大な原発の科学的資料と、政治的資料、そしてあらゆる新聞、雑誌、の報道を精査して、実に判り易い文章で原発反対論を発表し続けています。
真っ先に京大の小出助教の警告に賛同し、政府、マスコミの欺瞞を暴いています。
何が正しくて、何が間違っているのかを見抜く、優れた感性を持っているとしか言いようがありません。
マスコミで声高に喚いている専門家、権威の意見より、私はこの方の渾身の記事と真摯に向き合っていくつもりです。それには私も真剣に取り組まなければなりません。酒も飲まなければなりません。忙しいこってす。
みよう | URL | 2011.05.31 17:54
父様、大磯は素晴らしい町になる可能性に満ちています。

ご一緒させて頂いた方々は、実にポジティブで
談話でも笑いが絶えず、楽しいひとときでした。


『彼岸花』のブログ拝見しましたよー。
素晴らしい方ですね!


批判したくなることや、怒り等
私もももちろんあるのですが、

母親としてポジティブでい続けたいので、
今すぐにできる防御法、対処法に
まずは集注したいと思っています。



子供達が将来病気になってしまわないように、
私たち親世代が動かずして誰が動く、と思うし、

今できることは案外シンプルで、
なるべく放射能を吸い込まないようにし、
家を清潔にし、
帰宅後すぐに着替えをさせるなどすれば
かなりセーブできるわけで。。


それをね、私みたいなアラフォー女子が言っても、
現状、モンスターペアレンツで終わってしまう哀しい状況なので、
行政に働きかける訳です。


行政がしっかりと動き、指導すれば、断然違う訳です。


情報弱者などと最近言われている、
いわゆる既存のマスメディアでしか情報を受け取っていない方も
意識が変わっていくと思うし、


なんにせよ、少しでも多くの、かわいいかわいい子供達が、
無用の病に苦労しなくてもすむようにしてあげたいんですよね。。


少しずつでも、みんなで一緒に
自分の子、だけでなくて、
すべてのかわいい子供達を
みんなで育てていけたらなんて良いだろう、

なんて思っています。


Comment Form
公開設定

プロフィール

since2011oiso

Author:since2011oiso
工藤未葉(大磯でデザインの仕事をしています。)
more

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。