スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給食予定献立表

江藤です。


大磯小学校では

月末に、翌月の給食予定献立表が配布されます。

来月から、どこの産地の食材を使用しているか

のせてくださることになっています。



文科省のHP

3月25日のスピーディーを見ると

3月の関東にも大量の放射性物質が

降下していたことになります。

スピーディ

3月に大量の放射性物質を浴びてしまったことを前提にすると

大磯のこどもたちの

低線量被ばく、内部被ばくをこの先いかに低減していくか

考え実行することが大切だと考えます。


日本の食材や水の暫定基準が国際基準と比較し

問題外に高いことを考えると

給食食材の可能な限りの産地配慮をしてほしい。


内部被ばくの影響が大人の5倍、10倍といわれる子供に

原発事故の責任を負わせてはいけません。


暫定基準値が高く、原発事故が長期化する中

子供には、たとえ現在の基準値以下であっても

出来るだけ放射能物質の含まれていない食材を

給食では使用してほしいと考えます。


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://since2011oiso.blog89.fc2.com/tb.php/54-2b3b8c6c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

since2011oiso

Author:since2011oiso
工藤未葉(大磯でデザインの仕事をしています。)
more

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。