スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画上映のお知らせ(必見らしいです!):『100000年後の安全』

img_100000_flyer.jpg



『100000年後の安全』


既にこの作品を観た方々の共通の感想


「映画の出来としてはクエスチョンだが、知らなかった情報がたくさんあった。
絶対に絶対に見た方がいい!」


というもの。


大磯近辺では

小田原コロナシネマワールド
2011年6月18日(土)~7月8日(金)

小田原市前川219-4
0465-45-5671


私は主人と行ってみようと思います。
5歳児には。。。ちときつそうです。。。

さて、、託児は。。。
父に頼むとするか。。。


============================

【内容】

毎日、世界中のいたるところで原子力発電所から出される大量の高レベル放射性廃棄物が
暫定的な集積所に蓄えられている。

その集積所は自然災害、人災、および社会的変化の影響を受けやすいため、
地層処分という方法が発案された。

フィンランドのオルキルオトでは
世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場の建設が決定し、
固い岩を削って作られる地下都市のようなその巨大システムは、
10万年間保持されるように設計されるという。

廃棄物が一定量に達すると施設は封鎖され、二度と開けられることはない。
しかし、誰がそれを保障できるだろうか。

10万年後、そこに暮らす人々に、危険性を確実に警告できる方法はあるだろうか。
彼らはそれを私たちの時代の遺跡や墓、宝物が隠されている場所だと思うかもしれない。

そもそも、未来の彼らは私たちの言語や記号を理解するのだろうか。


img_100000_img01.jpg


gallery001_s.jpg



圧倒的な映像美!コンセプチュアル・アーティスト、マイケル・マドセン監督作品。

コンセプチュアル・アーティストとしても活動する監督のマイケル・マドセン自らが、
既に建設が進行中の施設に潜入し、このプロジェクトの実行を決定した専門家たちに、
未来の子孫の安全性について問いかける。

圧倒的な映像美はまるでSF映画のように、荒廃し人類が去った後の地球、
機械だけが永遠に動き続ける地球の姿を映しているようだ。

映画『100,000年後の安全』
(2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/英語/カラー/16:9/ビデオ)
監督・脚本:マイケル・マドセン
脚本:イェスパー・バーグマン
撮影:ヘイキ・ファーム
編集:ダニエル・デンシック
出演:T・アイカス、C・R・ブロケンハイム、M・イェンセン、B・ルンドクヴィスト、W・パイレ、E・ロウコラ、S・サヴォリンネ、T・セッパラ、P・ヴィキベリ
配給・宣伝:アップリンク

2010年パリ国際環境映画祭グランプリ
2010年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀グリーン・ドキュメンタリー賞受賞
2010年コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭 有望監督賞受賞




関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://since2011oiso.blog89.fc2.com/tb.php/8-166ac352

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

since2011oiso

Author:since2011oiso
工藤未葉(大磯でデザインの仕事をしています。)
more

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。