スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「酵素を取り入れた生活」のお話会in逗子、ルポです。断食の勧めも!

IMG_9693.jpg

2011.9.4 キャベツ酵素ジュースのレシピ追記しました!鎌倉支部の松本さん感謝!

coyaからbeach muffinに変わった、
逗子の美しい空間で、ワークショップが開かれました。

放射性物質を排出する酵素のこと、
免疫を高める体の作り方、
食物の選び方、
断食の勧め、
などなど。

葉山、逗子らしい、ゆったりとした上質な時間と空間がありました。

お話しして下さったのは、富田貴史さん。
ごめんなさい。写真が逆光で、しかも富田さん話してない。。
下向いてる。。

頂いたお茶とケーキを食べるのに夢中で、
しかもお話会の時はメモするのに夢中で、
はっと気付いた時には坊のお迎えの時間。

慌てて撮った写真です。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プロフィール
旅人。ワークショップファシリテーター。
ソニーミュージ ックでマネージャー、営業などの仕事をするも4年で退社 。
音楽系専門学校で講師をしながら、環境・平和・お金や時間の仕組みのカラクリに気づき、
イベント・上映会・ワー クショップなどを積極的に展開。
2006年からは全国各地で年間200本以上のペースで 人の集まる場を作り続けながら映像制作、
執筆などを続けている。

著書「わたしにつながるいのちのために」(2006年)、
  「美しい海と私たちの未来」(2010年)、
  「つながりの なかで はたらき まなび あそぶ」(2010年・共著 )



IMG_9333.jpg

鎌倉支部の松本さん、ローフードで生活をされていることもあって、
キャベツ酵素ジュースのレシピを紹介してくださいました。(末尾に書いておきます)




IMG_7563.jpg

30人定員のお話会。
大盛況でした。


IMG_4900.jpg

奥にはキッズルームも。




お話し頂いた内容は、下記ご覧下さい。


●放射性物質をブロックしてくれる食物→塩



塩の大切さを話される際に、
血液の流れの大切さをお話していました。



180px-Bohr-model.png


↑これ。原子です。

中性子と陽子(プラスイオン)の周りを電子(マイナスイオン)がクルクル回っている。

マイナスイオンが多いと、血がサラサラ。
プラスイオンが多いと、血がドロドロ。

血液循環の良さは、人体を健やかに保つ重要なポイント。

となると、

「血球の凝集を防ぐためには、血液中に負電荷(電子)、
 つまり“マイナスイオン”が必要である。」

となります。


この大切な電子を、放射性物質は吹っ飛ばして
原子をプラスイオン化させちゃうんだそうです。


なんと。。。

ただ、ここで良いお塩=抗酸化ミネラルを体内に取り込む

すると、体をマイナスイオン化し、
放射性物質から体をプロテクトしてくれる
のだそうです。


富田さんは、黒い岩塩を使用されているとのこと。
またそのお塩を使って塩湯もされているということ。

特に銘柄はおっしゃっていませんでしたが、
ヒマラヤソルトとか、かな。


塩は体内の不純物、海的でないもの、を取り出してくれる作用があるから、
とのことで、これはなんとなく、感覚的に分かります。

ちなみに、私はまだまだお塩の勉強が足りてないのですが、
私なりに、これはよいのでは。。と思って使っているもの、2種類です。

沖縄のぬちまーす
1050円/250g

cart1002.gif

フランスのゲラント
1050円/125g
fleur.jpeg

を使用しています。

お塩が美味しいと、ご飯が美味しくなる。。
腕は上がってないけど、お塩に助けられています。



●注目すべき腸の性質、働きと、関わり方

今、放射能を取り込まないで生きることはできない。
でも体は、取り込んでしまったものを出そうとしてくれる。

その働きを助ける暮らし方をする。

ということで、注目するのは「腸」なのだそうです。
腸と脳は直結していて、腸がすっきりいていれば、頭もすっきりする。
多種多様な腸内細菌の状態を良くしておくことが大事。

ということで、富田さん、断食を勧めていらっしゃいました。
参考にされているのは

『釈尊の断食法』という本だそうです。


以下が断食法。
私はまだやっていませんが、大変興味があります。


断食を始めるタイミング、時間帯は
個人で考えながらやられてよいとのことでしたが、

●例えばまず、今日の夕飯を抜く。

●次の日の日没まで、
お水を摂って、ゆっくり過ごす。

●その後、梅湯流しをして腸の洗浄を行う。


梅湯流しの方法

howtoeat.jpg



●梅10粒をミルクパンにいれ、たっぷりと水を注ぎ、煮出す。

●カップに3杯、梅湯を飲む(クエン酸で腸を刺激する)

●生野菜5種類くらいをボール1杯分くらい食べる。(腸を掃除する)
 好きなドレッシングをかけてもよい、とおっしゃっていました。
 ノンオイルの柚子ドレッシングとか良いのかも。。

●生野菜とともに梅湯も飲み、作った梅湯総て飲む。

●好みのフルーツを食べる(腸を引き締める)

●チャイを飲む(落ち着ける)



腸が詰まっていると、呼吸の要の丹田が詰まってしまう。
なので、この断食をやると、呼吸がすごく楽になるのだそうです。

311以降、呼吸が浅くなってしまっている人が多い。
深い呼吸は、体にエネルギーを流していく大切な働きなので、
この断食で、腸、そして丹田の働きをスムーズにさせてあげることは、
放射能排出にも大変大きな効果があるようです。



●免疫力をつける体の作り方


ポイントは

●血液の流れ
●リンパの流れ
●気の流れ


この3つの流れを良くする生活を心がけるということ。


血液の流れ
血液の温度とめぐりの状態は、やはりここでも、腸と関係が深いそうです。
なので、上記のような腸内洗浄をしつつ、血液のめぐりを助けるとよいそう。

リンパの流れ
リンパをジャマイカでは“命の泉”と呼ぶそう。そのくらい大切な流れで、
体の中央左右を走っています。

リンパの流れが全体的にバランスが取れているか、偏っているか、
これをチェックする簡単な方法は飲み込んだ時の感覚。

飲み物を飲み込んだとき、どちらかに偏って流れていっていないか。
それをチェックすると偏りが分かるそうです。

右側でばかり咀嚼していると、右は動いているが、左は滞っている。
そんな状態になりやすいとのこと。

咀嚼を右左バランス良くするだけでも、随分と良いようです。

また、苦みのあるものはリンパの流れを良くするそうです。

ゴーヤなどがその代表的食物。



●気の流れ

呼吸です。
とにかく呼吸が大事というのはおっしゃっていました。

キーワードは

上虚下実

調べてみたら、このサイト、分かりやすかったです。

上半身はリラックス。
下半身はしっかりと重心を支えている状態。

これを作っていくことが大事で、

それには深い呼吸が欠かせない、と。

1日に5分でもいい、意識的に深い呼吸をこころがける。
すると、1日のほとんどを占める無意識の呼吸に影響を与え始めるのだそうです。



●お勧め食材、薬草、お茶など。



富田さんが旅に持ち歩いているもの

だらにすけ

33983903_th.jpg

和漢胃腸薬だそうです。
サイト見たら、だ、だらにすけキューピーなるものも販売しています。。。
首振りタイプの大きいだらにすけキューピーもいるそうです。


キパワーソルト

高熱燃焼による還元力が肝なようです。

●17年ものの梅干し

富田さんはこちらで買われたそうです。イニュニックというオーガニックカフェ。
じっくりと熟成されたものの酵素力、という観点からお勧めされていました。

●梅肉エキス

ジェイソンウィンターズティ

jwt-product.jpg

良さそうですねーー!
そして、た、高いですね。。

自分で作れないのだろうか。。。



●鉄火味噌

●マテ茶



ということで、ただ、その時の状態によって
摂取するものはどんどん変わるのだそうです。


葉山支部の方が鉄火味噌のレシピを教えて下さいました。


1:ごぼうをみじん切り
(核種等調べてあるものを使った方がよいと思います。大地を守る会が良いのではないでしょうか)
2:胡麻油でじっくり炒める
3:人参やれんこんのみじん切りも投入
4:高野豆腐も入れる(カルシウム摂取のため)
5:豆味噌を入れる

4の高野豆腐がポイントで、ストロンチウムがカルシウムと似ていることから、
体がストロンチウムを摂取しないように、カルシウムで体を満たしておく、という意図が
あるとのこと。

そしてなにより美味しそうですよね!


そして、鎌倉支部の松本さんが教えて下さった、
キャベツ酵素ジュース。


。。。。

あれ。

私、材料と保存方法はメモしているのに、
肝心の作り方を書いてない。

なにしてたんだろう。。

残りのケーキでも食べていたのか。。
かわいい赤ちゃんを眺めてニコニコしていたのか、
coyaもこうして変わっていくのだなーとしみじみしていたのか。。。

すいません。
松本さんに伺って、また書きます。


9.4 追記です。

松本さんが教えて下さったレシピ、載せますね!

==============================

さて、キャベツ酵素の作り方です。

●キャベツ四分の一(ミキサーで細かくしておく)
●水450ml

①キャベツを適当な大きさに切り、水を入れてミキサーにかける。
②ガラスの器に移し、口に軽く布かラップを載せる。
 (完全に空気の通りを塞がないように)
③夏は3日間、冬は5日間程、室温に置いて発酵させる。

(キャベツと水が分離し、泡がフツフツと出て酸っぱい臭いがしてきたら、
 出来上がり)
④ガーゼでこして、ガラス瓶などに移し冷蔵庫で保存。
 3日間で使いきるようにする。


以上です。

私は平気なのですが、臭いが駄目な方もいらっしゃいますので、悪しからず…

==============================



少しでも多くの方と、情報を共有し、
よりポジティブに放射能と関わっていけたらと思っています。

そして、美味しく楽しく子供達の体を守っていけたらと、願っています。









関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://since2011oiso.blog89.fc2.com/tb.php/85-f7f5c921

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

since2011oiso

Author:since2011oiso
工藤未葉(大磯でデザインの仕事をしています。)
more

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。